生命保険の医療特約で保険金GET

生命保険で手術費用が保険金として支給される場合があることをご存じ?

こちら

保険金請求をするには?

レーシックは自由診療扱いですので、健康保険は適用されません。そのため、料金の相場は両眼45万円という高い設定になっています。

しかし、手術給付金の支払い対象としている生命保険の医療特約、医療保険に入っている人は、保険会社に保険金を請求することができます。

保険金請求をする際にはレーシックではなく、「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝える必要があります。

しかし、ある時期を境に生命保険の医療特約、医療保険のレーシックに対する扱いが、変わりました。一般に普及するにつれ、掛け捨て医療保険を保険金目当てにかける人が増えたからです。

こちら

保険業界も慎重にならざるをえません。自分が加入している生命保険の医療特約、医療保険がレーシックに適応しているかどうか、確かめてみてください。保険金が下りる場合は、医院の診断書が必要になります。診断書の作成には数千円ほどの別途料金が必要になります。


生涯保障のアフターケアで有名な2つのクリニックを紹介しています。

関連記事

このページの先頭へ