レーシック後にドライアイの症状

術後のドライアイの症状が合併症として出てくる場合があることを理解しましょう。

こちら

ドライアイ

レーシックによる合併症でもっとも大勢の人が訴える症状はドライアイです。そもそもコンタクトレンズを使用している人や、使用できなくて、やむなく眼鏡にしている人はドライアイの症状があります。


なぜこの症状が出るのか?

レーシックではレーザーによって角膜を薄く削りますが、その際に角膜の表面にある、涙を調節し涙腺と連絡している知覚神経を遮断します。切断された神経や角膜は程なく再生するといわれていますが、その期間は3~6ヶ月かかります。

そのため、手術を受けた人は自覚症状のあるなしにかかわらず、ドライアイになります。中には知覚神経が完全にもどらなくて、ドライアイと一生つきあうことになる人もいます。

こちら

ドライアイ自体は対症療法が確立されていますので、目薬の使用や、医師と相談するといいと思います。ドライアイになると、涙が少ないことにより角膜が傷つきやすくなり感染症のリスクがあるので、ドライアイが前提になるレーシック術後の医院での定期健診は、感染症で失明しないためにも非常に重要になります。

関連記事

このページの先頭へ