遠視もレーシックできるのか?

遠視の人はレーシックで視力回復できるのかどうか?調べてみた。

レーシックは近視と乱視の矯正、視力回復に効果があると知られてきています。フラップをつくり、角膜を平らに削ることによって、角膜の歪みを矯正し、目から入った光が網膜に正しく結ばれるように矯正し、視力を回復させます。

こちら

最新レーシック技術

最先端のレーシック技術なら遠視の人も治療を受けることができます。遠視は近視の逆で、目から入った光が網膜を通り過ぎて後ろのほうで、像を結んでしまいます。そのため、遠視の矯正方法はこれまで、眼鏡しかなかったわけです。

最近のレーシック機器の進化と医師の技術の向上により、遠視の人にも視力回復ができるようになってきました。

こちら

遠視の手術

遠視の手術では、近視と逆に角膜周辺部分をドーナツ状に削ります。これによって、遠視の方の角膜に効果的なカーブを形成し、目から入った像をただしく網膜に結べるようにします。

まだ、日本でこの方法をおこなう医院は少なく、近視や乱視にくらべ、高性能の機器と執刀する医師の技術が必要とされます。効果のある遠視には制限があり、強度の遠視は角膜の厚さがたりなくなるため、手術を受けることができません。


関連記事

このページの先頭へ