角膜屈折矯正でコンタクトレンズ不要に

レーシック角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面にある角膜にエキシマレーザーを、照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する方法です。

こちら

角膜

角膜は眼球のもっとも外側の部分にある透明な膜で、いわゆる黒目の部分です。

角膜は例えれば、カメラのレンズの役目をします。そのため、角膜のデコボコや歪みは映像を正しく結べない原因になります。

レーシックが開発されるまで、眼鏡という補助レンズで角膜のゆがみを矯正し、視力を回復させていました。角膜を直接、形成しなおすことによって、近視をはじめ、さまざまな屈折異常による症状を恒久的に改善する治療法です。

こちら

角膜は非常にデリケートな組織であるため、医院での手術は難しい技術が要求されます。角膜を削るため、角膜の厚さというものも施術するときに、重要になってきます。

角膜が薄い人はレーシックを受けることができません。コンタクトレンズは角膜表面に刺激を与えるため、コンタクトレンズを長く使用している人は角膜が薄くなっている場合があります。手術を受ける前の適応検査で角膜の厚さや形を精密に調べます。


関連記事

このページの先頭へ