乱視の矯正ができるレーシック技術

レーシック乱視の矯正をすることができるのか?調べてみた。


乱視

近視・遠視の方の多くは乱視を併せ持っています。乱視の矯正はやっかいです。乱視の多くは角膜が原因ですが、他にも水晶体や硝子体、また網膜が原因となる乱視もあります。

乱視の人の角膜の表面が歪んでしまっているため、目に入ってくる光が、網膜に届くまでに乱れて一か所に像を結べません。それでぼやけてみえたり、二重、三重にダブって見えるのです。

こちら

そのため、乱視の人は視力がよくても、近くも遠くも常に見えにくさに悩んでいます。これまでは眼鏡・コンタクトレンズによる矯正が一般的でした。レーシックは乱視の矯正にも大きな効果を発揮します。技術が進化し、コンピュータで歪んだ角膜を正確に測定し、歪みを矯正できるようになったからです。

こちら

乱視が矯正できるレーシックの技術

網膜由来の乱視など複雑な乱視以外はレーシックで矯正ができるようになりました。近視のみならず、乱視にも悩んでいる方は、受けようと思っている医院に、乱視が矯正できるレーシックの技術があるかどうか、確認してみてください。


関連記事

このページの先頭へ