レーシックと老眼矯正手術

老眼とは、年齢とともに目の水晶体を調節する毛様体という筋肉が衰え、ピントを調節する力が弱まって近くが見えにくくなる状態を指します。

老眼は20歳ぐらいからはじまり、早い人では30代後半ぐらいから、自覚症状がある人もいます。老眼は老眼鏡による対症療法でしか、視力矯正されませんでした。

レーシックをうけられた中高年の方は、視力が回復するのと同時に、強く老眼を意識することがあります。近視に隠れていた老眼が潜在化したからです。

こちら

最新レーシック技術

老眼は角膜の問題ではなく、毛様体の筋肉の衰えですので、目筋のエクササイズをすることによって改善が期待できます。また、最近のレーシックの進歩は老眼も治療の対象になりはじめています。

こちら

老眼治療

老眼を治療するには、角膜の中央部と周辺部の両方を、ちょうど遠近両用眼鏡のように形成し、矯正するという技術的にも難しい治療になります。

レーシック以外にも老眼矯正手術として、ラジオ波を使い、角膜のカーブを矯正するCK手術や、遠近両用の眼内レンズを挿入する方法などがあります。


関連記事

このページの先頭へ