レーシックの不安要素を解消しよう

レーシックでの不安要素を取り除くために知っておきたいことをまとめてみました。

こちら

術後の痛みと眩しさ

レーザーを目に照射するため、術後には多くの人が一時的に、軽い痛みを覚えます。その痛みはたまねぎがしみるような痛みと、表現されることが多い...

定期検査が必要な訳

定期検査は合併症や炎症の早期発見につながります。レーシックは歴史があさい手術なので、長期的な安全性が確立されていません。術後検診を放棄すると、万が一の際に手遅れに...

術後のひどい乱視

レーザーの照射の位置のずれによる乱視が発生することがあります。術後は、かなりの確率で乱視やドライアイによる霞みや眩しさがあるので、このずれによる乱視はすぐに発見できませ...

術後の視力が回復しない場合

老眼とは、年齢とともに目の水晶体を調節する毛様体という筋肉が衰え、ピントを調節する力が弱まって近くが見えにくくなる状態を指します。老眼は20歳ぐらいからはじまり、早い人では30代後半ぐらいから、自覚症状がある人もいます。老眼は老眼鏡による対症療法でしか、視力...

手術後の注意点

レーシック医院の宣伝文句にはよく、手術時間は30分、日帰り可と書いてあります。もちろんこれは嘘ではありませんが、視力回復や以前のままの生活にすぐに復帰できるわけではないので、注意してください...

術後どれぐらいで視力回復するの?

通常の方法やイントラレーシックを受けた人は、術後は眩しかったり、眼に違和感や霞をおぼえることがありますが、人によっては直後からすぐに視力が回復したことを実感する人もあり、手術翌日の朝目覚めたときにはほとんどの人の視力が回復していることを実感...

このページの先頭へ