視力が回復しない場合とは?

なぜ視力の戻りが発生するのかを調べてみました。

こちら

レーシック手術をして眼鏡やコンタクトなしの快適なクリアな視界を期待しているのに、いつまでたっても視力が回復しない、もしくは一時的に視力が上がったようにみえて、しばらくたつと、視力がもとのレベルにまで戻ってしまうということがあります。


原因

はっきりとした原因はまだ不明な部分も多いのですが、ひとつには角膜の強度にあるといわれています。レーシックでは角膜を削り、薄くします。特に最強度の近視の方はその視力回復の矯正のため、たくさん角膜を削ることになります。


角膜の強度

残った角膜の強度が弱くなると、目の中の液体の持つ眼圧という圧力によって、徐々に薄くなった角膜を変形させてしまうことで起こるのではないかと考えられています。

また角膜の再生力が強過ぎた場合、骨折した骨が治るときに、さらに強く太い骨を形成するように、以前より、厚い角膜を再生させてしまうことも要因だと考えられています。

こちら

個人の体質によることも多いため、一概に原因を追究できていませんが、最強度の近視でレーシックを検討している方は、この辺の対応も医院にきちんと問い合わせて、確認しておくとよいと思います。


関連記事

このページの先頭へ