レーシック後の注意点

レーシックの術後の注意点を知った上で、目に負担のかからない生活を心がけてください。


日帰り

レーシック医院の宣伝文句にはよく、手術時間は30分、日帰り可と書いてあります。もちろんこれは嘘ではありませんが、視力回復や以前のままの生活にすぐに復帰できるわけではないので、注意してください。

他の視力回復の外科手術と比べるとレーシックはより早く日常生活に、復帰できるのは確かです。短時間とはいえ、目というデリケートな部分に麻酔をかけ、レーザーをあてているのですから、効果をきちんと出すためにも目に負担のすくない生活をするべきです。

こちら

術後の注意点

具体的にいうと目安として、仕事は手術2日後から。PCなどで目を酷使するような仕事はセーブしてください。運転は見え方に慣れてからです。

ドライアイ・ハロ・グレアや夜間視力がおちていることもあります。洗顔は2日目の夜から可能です。アイメイク以外の化粧も洗顔が可能になったら、大丈夫ですが、アイメイクは一週間ほど控えてください。

飲酒や喫煙も手術をしたのですから回復する3日目まで我慢してください。日常生活は順調なら一週間程度で復帰できます。

こちら

ではスポーツはいつからできるのかというと、どんなスポーツでも、フラップがズレるのを避ける意味で眼をぶつけないよう注意しながら、軽い運動なら早くて一週間後、スキーやスノボ、プールやスキューバ、海水浴などは一ヶ月は様子をみてください。


関連記事

このページの先頭へ