術後どれぐらいで視力回復するのか?

レーシック後にどのくらいで視力回復するのか調べてみた。


施術方法により視力回復期間が異なる

視力回復手術にはレーシック、イントラ LASIK、エピ LASIK、ラセック、PRKなどがあります。施術法によって視力が回復するまで、または回復した視力が安定するまでの期間が異なります。

こちら


通常の方法やイントラレーシック

通常の方法やイントラレーシックを受けた人は、術後は眩しかったり、眼に違和感や霞をおぼえることがありますが、人によっては直後からすぐに視力が回復したことを実感する人もあり、手術翌日の朝目覚めたときにはほとんどの人の視力が回復していることを実感します。


エピレーシック

エピレーシックは術後3~4日経過すると少しづつ実感できるようになりますが、その視力が安定するまで半年ほどかかる場合もあります。


ラセック

ラセックも通常一週間程度で効果が実感できるひとが多いけれども、一ヶ月以上かかる人もいます。


PRK

PRKはさらに術後1ヶ月ほど経過すればほとんどの人が視力回復を、実感できるようですが、人によっては3~6ヶ月以上、あるいはそれ以上が経過しないと視力が安定しない人もいるようです。

こちら

それぞれの方法にはそれぞれのメリット・デメリットもありますので、回復までの時間を視野にいれてスケジュールを考えましょう。


関連記事

このページの先頭へ