レーシックの手術前の確認事項

レーシックを検討する前に、手術前の準備や適応検査の重要性を知ろう。

医院を選ぶには、まず適応検査で実際に眼科に行ってみて専門医の判断を受けること、また担当医やスタッフの対応などを見て判断することも重要な選択基準です。

手術の流れや適応検査などの項目をチェックすることができます。

こちら

確認事項

適応検査の項目

術前の適応検査の項目は、視力、眼圧測定、視野、角膜の屈折率や形状の測定、暗所瞳孔径測定、眼底検査、角膜厚・眼軸長測定、そのほかにも専門的な検査をたくさんします。そのため...

術前の準備と注意点

医院のほうから説明があると思われますが、コンタクトレンズはハードコンタクトレンズならば3週間、ソフトコンタクトレンズならば1週間前からの装着を禁止されます。何故なら、コンタクトレンズを使用することに...

手術の流れ

レーシック手術の流れは次のようです。①手術室に入室②眼の洗浄、目薬タイプの点眼麻酔によって局所麻酔③目を閉じないように開瞼器で眼を固定④イントラレーザーによって角膜上皮を切開、フラップを作る。⑤フラップを開き、エキシマレーザーで角膜を削る⑥フラップを戻し、洗浄...

無料検査の真実

レーシックの無料検査の真実は?ホントに適応検査が無料って信じれますか?レーシック手術が始まったころは、どの医院も検査費として費用はかかっていました。しかし大手のクリニックのが適応検査を無料に...

このページの先頭へ