レーシック手術の失敗(危険性・リスク)

レーシックにおける手術の失敗とはどのようなことなんでしょう?

こちら

レーシックが医学的措置であるかぎり、100%危険性や失敗がないということはありません。かならず、リスクがあります。術前検査から、当日の入室、消毒、手術、その後のケアなどすべてが順調にいっていてこそ、視力回復の効果が生まれるといえます。

逆に言えば、その手順のなかの一つでも間違ってしまったら、失敗に終わる危険性があるのです。


感染症の集団発生

2009年銀座眼科の医院でおきた感染症の集団発生は、器具の消毒が不十分だったため、発生したと考えられています。レーシックそのものは成功していても、この事件で67人の人が被害にあいました。

そのほかにも、一人一人ニーズや角膜や眼圧の状態はちがったものです。施術する医師は、正確なデータと経験の蓄積から実行します。望むような効果を求める人は、まず自分自身の実情にあわせて、医師にすべてをまかすのではなく、レーシック手術のリスクとメリットを慎重に検討することが、危険性から自身を遠ざけることになります。

こちら

失敗=後悔であり、保障がしっかりしている眼科を選ぶことが重要になることを理解しましょう。感染症などは100%、クリニック側の責任ですので安心の医院を比較表から判断し選んでみましょう。


関連記事

このページの先頭へ