レーシックの感染症と合併症のリスク

レーシック手術は、今の技術では安全ではありますが、感染症と合併症のリスクは少なからずあります。このリスクを避けるために、施術する医院の選択が重要になってきます。

また視力回復したのに近視が進み(視力の戻り)再手術しなければならない場合もあります。下記の記事を理解した上での眼科選びが大切で、レーシック医院比較においても担当医の説明がしっかりしているところを選びましょう。

こちら

レーシックのリスク

感染症で失明する危険性

本来、感染症防止のため、医院の手術室は消毒や滅菌について繊細に注意がはらわれています。感染症が発生する確率は5000人に一人というものですから、この不祥事の異常性がよくわかります。角膜感染症は、角膜上皮にできた傷に微生物が付着し繁殖することから...

失敗で失明するのか?

レーシックの失敗と聞けば、目の角膜を弄るのですから、最悪の場合、失明するかもと不安になる人がいるかもしれませんが、失敗で失明した人は今のところ一人もいませんので安心してください。しかし、失敗したと思う人はいます。たとえば...

問題点

レーシックをうけたほとんどの人は体験談を見る限り、非常に満足しているようです。では問題点とはなんでしょうか。まず、手術の失敗です。なんらかの理由で失敗におわると、視力回復どころか、角膜の濁りを招いたり、角膜に傷をのこすことによって、乱視が...

視力低下や乱視

失敗による視力低下や高度な乱視や、ハロ・グレア現象があまりにひどい場合には、失明はしていなくても、術前のような日常生活が営めなくなる可能性があります。また...

後遺症と合併症

失敗によって後遺症がでたという体験談を目にすることがあります。後遺症というのは病気や怪我などが治癒した後に残る機能障害の症状をいいますので、失敗による機能障害には正確には合併症という言葉を使い...

再手術

再手術が適応できるかどうかで一番重視されるのは角膜の厚さです。角膜の厚さが十分であれば、可能になります。視力の戻りの多い最強度の近視の方の場合、希望する方は多いですが、近視が...

このページの先頭へ