レーシックの後遺症と合併症

後遺症合併症が起こる場合があるということを理解しましょう。

こちら

失敗の体験談

レーシックの失敗によって後遺症がでたという体験談を目にすることがあります。後遺症というのは病気や怪我などが治癒した後に残る機能障害の症状をいいますので、失敗による機能障害には正確には合併症という言葉を使います。

レーシックは外科手術ですから、100%安全、成功するとはいえません。まして、視力という人のもつ五感の中で最大の感覚機能をつかさどる眼の角膜に、レーザーをあてるのでどうしても合併症の心配があります。


代表的な合併症

代表的な合併症は、涙の量が少なくなるドライアイ、目に入る光が乱屈折して眩しいハロ・グレア症状、夜間視力の低下、白目の充血、視力の日内変動、角膜混濁、じつに様々な合併症が報告されており、高い確率でドライアイやハロ・グレア症状は発症します。

レーシックで視力回復と同時にもたらされるかもしれない、これら合併症のリスクを確認しておかなければなりません。医院でのこれらの対応をどのように保証・対応してくれるかを確認することが大事です。

関連記事

このページの先頭へ