レーシックの問題点とは?

レーシックをうけたほとんどの人は体験談を見る限り、非常に満足しているようです。
では問題点とはなんでしょうか。


手術の失敗

まず、手術の失敗です。なんらかの理由で失敗におわると、視力回復どころか、角膜の濁りを招いたり、角膜に傷をのこすことによって、乱視がひどくなったりします。


ハロ・グレア、光輪視、複視

元の視力より低下する人もいないわけではありません。また、視界の状態が悪化する場合もあります。ハロ・グレア、光輪視、複視を招き、明るい場所ではクリアでも、夜間や薄暗いところでは視力が、低下してしまいます。そうなると夜間の運転などは怖くてできません。

こちら

問題点

視力は回復し眼鏡がいらなくなっても、生活の質に差し障りがでるならば、それば問題点です。このようなレーシック自体の問題点もあります。

保険適用外

また保険適用ではないため、医院よって、料金や術式や投薬、サービスに差が生じているとおもわれます。レーシックを執刀する医院に問題点がある場合もあります。しっかりとした検査を行わないで施術したり、消毒や術後の生活への注意を、おろそかにしたり定期健診をおなざりにされたらかないません。


関連記事

このページの先頭へ