再手術が適応できる条件

レーシックは稀に視力の戻りがおこり近視が進み、再手術をしなければならない場合があります。また思った以上に視力回復しなかった場合なども再手術の必要性が出てきます。

レーシックにはさまざまな合併症が起きるリスクがあります。とくに視力回復の効果がなかった場合、フラップのずれや、フラップのしわによる乱視の発生、視力の戻りなど長期にわたって、経過をみていかなくてはならない合併症もあります。


再手術の条件

再手術が適応できるかどうかで一番重視されるのは角膜の厚さです。角膜の厚さが十分であれば、レーシックの再手術は可能になります。

視力の戻りの多い最強度の近視の方の場合、希望する方は多いですが、近視が強くなればなるほど削られる角膜の厚さが増えますので、残った角膜が安全数値を下回る場合、再手術はできません。

また、再手術ができる方でもすぐにうけるのではなく、視力が下がるだけさがって安定した後がいいタイミングだといわれています。

こちら

レーシックはまだまだ歴史の浅いですし、レーザーやコンピューターが導入されたのもここ10年のことです。いますぐ受けなくてももっと新しい技術が、開発されるまで待つというのもひとつの手です。

近頃ではセカンドオピニオン外来を設ける眼科もあります。これは他の医院で受けた後でも診断してくれるということです。満足いくアフターケアがない場合、頼ってみるのもいいかもしれません。


関連記事

このページの先頭へ