手術の失敗で失明するのか?

レーシックの失敗と聞けば、目の角膜を弄るのですから、最悪の場合、失明するかもと不安になる人がいるかもしれませんが、手術の失敗で失明した人は今のところ一人もいませんので安心してください。

こちら

ドライアイやハロ・グレア現象

しかし、レーシックをうけて失敗したと思う人はいます。たとえば、手術を受けたものの、思うように視力回復しなかったり、視力が戻ってしまったり。

ドライアイやハロ・グレア現象が思ったより酷く、生活が逆に不便になってしまったり。また近視は直ったものの、今度は老眼が進行し、今度は老眼鏡なしでは本も読めないとなったり。

こちら

感染症や長期にわたるケアの必要についてもよく理解しなくてはいけません。レーザー自体は安全なものですが、近視矯正ができても後悔する状態になることをレーシックの失敗だと、考えてもいいでしょう。

失敗しないためには術前検査や信頼できる医師とよく話しあうことが大事です。失敗しないようにするためには、医院選びから始まっているといえるでしょう。


関連記事

このページの先頭へ