失敗による視力低下や乱視

手術の失敗による視力低下乱視、ハロ・グレア現象が起こることを理解しよう。

こちら

実は、遠くの牛の数をかぞえることも、獲物をみつける必要はない、本やPCやテレビに囲まれている日常は、近視のほうが住み易い世界です。

しかし近視の人はどんどん進む近視や加齢による眼精疲労に、潜在的に失明への恐怖を抱いているのではないでしょうか。

近視のため失明することはなく、近視の方がなりやすい網膜剥離、黄斑部変性症、緑内障、白内障の結果失明することはあります。


レーシックでの失明はない

失明の危険があるのではないかと不安に思う人もいますが、レーシックで現在、失明した例は一例もありません。


視力低下や高度な乱視や、ハロ・グレア現象

ただし、失敗による視力低下や高度な乱視や、ハロ・グレア現象があまりにひどい場合には、失明はしていなくても、術前のような日常生活が営めなくなる可能性があります。また、レーシックの感染症から失明する危険はありますので、医院で定期健診をうけて、目の状態をいつも把握しておくことが大事です。


関連記事

このページの先頭へ