レーシック手術と老眼治療で40歳からの視力回復

テレビでも話題の老眼治療を知っていますか?

最新のアキュフォーカス+レーシックで老眼・近視・遠視・乱視の治療が可能になりました。

40歳を過ぎるとほとんどの方が老眼になってしまわれています。年齢とともに目の中の水晶体の弾力が少なくなり、目の機能が低下していっています。自覚症状がない場合もありますし、ほとんどの人に起こる老化現象なんです。


最先端の老眼治療のカメラレーシック

品川近視クリニックのHP

最先端の老眼治療であるこの方法は、カメラインレーというレンズを角膜内に挿入する施術で数分程度で手術も終了します。また白内障の施術後の方でも受けることができます。遠くの見え方を変えるのではなく近くの見え方を改善する新しい治療法なんです。


老眼鏡のいらない生活を体験してみませんか?


新聞や本などの小さな文字も見えるようになり、階段の段差の見辛さも解消、パソコンもできるようになり、眼精疲労や肩こり、頭痛なども解消できる可能性がありますよ。

品川近視クリニックで無料の説明会なども行っていますので参考にしてみてください。




他のレーシック医院をお探しの方は、こちらの一覧比較表からお探しください。

このページの先頭へ