レーシック以外での視力回復方法とは?

レーシック以外での視力回復方法をまとめてみました。

目を手術するのは確かに抵抗がありますし、将来もっといい方法が出てくるかもしれません。ここでは、視力回復効果のあるものを紹介していますので参考にしてはどうでしょうか?

こちら

眼鏡・コンタクト

眼鏡は、近視や乱視、遠視のもっとも一般的な視力矯正です。レーシックが普及するまでは眼鏡で視力矯正をしていました。眼鏡をかけると眼鏡のレンズが角膜のゆがみを補正して、ずれていたピントを網膜上に調節してくれることによって視力が正常になります。近視は中央が凹んだ...

視力回復手術・フェイキックIOL

レーシック以外の視力回復手術として、フェイキックIOLという矯正方法があります。白内障治療では白濁した水晶体を人工の水晶体に取り替えますが、フェイキックIOLは白内障手術を応用した視力回復方法です。エキシマレーザーをつかう...

視力回復手術・PRK

以前に発明された視力矯正の手術がPRKです。レーシックとの一番の違いは角膜にフラップを作らないという点です。そのため、フラップのズレが生じることがなく、受けられないといわれた角膜の薄い人でも、PRKによる視力矯正...

円錐角膜治療・角膜内リング

円錐角膜というのは、角膜のふちが薄くなり、中央が前方に円錐状に突出する病気で、主に思春期に発症し、30歳すぎるころには進行が止まります。症状は軽度から強度まで人によりますが、近視や不正乱視の原因となり、さらに進行すると角膜が混濁して角膜移植が必要...

オルソケラトロジー

やはりレーシックを受けるのは怖いという人には、オルソケラトロジーという視力回復の方法があります。近視は角膜の厚みが分厚くなってしまって、網膜より前に焦点が定まるためおきる症状です...

レーシックと14日間視力回復プログラム

14日間視力回復プログラム、川村博士の視力回復法ジニアスeyeをご存じだろうか?レーシックで角膜の厚さが薄く、施術できないといわれた人は実践してみてはいかかだろうか?このプログラムは...

このページの先頭へ