円錐角膜治療・角膜内リングとは?

円錐角膜治療・角膜内リングについて調べてみました。

こちら

円錐角膜治療

円錐角膜というのは、角膜のふちが薄くなり、中央が前方に円錐状に突出する病気で、主に思春期に発症し、30歳すぎるころには進行が止まります。

症状は軽度から強度まで人によりますが、近視や不正乱視の原因となり、さらに進行すると角膜が混濁して角膜移植が必要となることもあります。


自覚症状が少ない

自覚症状が少ないため、近視でレーシックを受ける術前検診で、発見されることが多いのですが、円錐角膜の人は手術をうけることができません。そこでかわりに、角膜の縁のほうに人体に無害な弓形リングをいれて、中央に向かって円錐状に変形している角膜を逆にひっぱり、角膜の厚さを薄くして視力回復を図るのが角膜内リング手術です。

こちら

以前は専用器具と手技で施術をおこなっていたため、矯正精度も不良で、合併症も少なくありませんでしたが、イントラレースFS60レーザーとコンピュータによる制御で、精密になり、安全性が高められました。円錐角膜でレーシックやコンタクトレンズ、眼鏡などで視力回復ができない人には有効な方法です。


日本全国のレーシック体験談ブログにアクセスできます。


コンタクトとの費用面での違いを計算してみました。

関連記事

このページの先頭へ