視力回復手術のフェイキックIOL

フェイキックIOLという矯正方法での視力回復法を調べてみた。

こちら

フェイキックIOL

レーシック以外の視力回復手術として、フェイキックIOLという矯正方法があります。白内障治療では白濁した水晶体を人工の水晶体に取り替えますが、フェイキックIOLは白内障手術を応用した視力回復方法です。

エキシマレーザーを使う方法では、角膜の強度の問題があり、最強度の近視や乱視の人は受けることができません。しかし、フェイキックIOLは角膜ではなく、その下の水晶体の前か、後ろに人工のレンズをいれることにより屈折を調節します。永久コンタクトレンズと称されることもあります。


角膜に傷をつけない方法

レーシックとは違い、フェイキックIOLは角膜の厚さや近視の度数に関係なく、手術できますし、万一、問題が生じた場合でも、レンズを取り出すだけで、角膜に傷をつけることがありません。

こちら

この方法には、高度な技術と白内障や緑内障手術などの経験も豊富に積んだ医師が、執刀しないといけませんので、行える医院は数が限られています。また、レーシックに比べると、非常に高価でフェイキックIOLの費用はなかなか手を出しづらいものになっています。今後一般化していくと安くなっていくかもしれません。


再手術が無料で生涯保障のこちらの眼科もお勧めです。


比較一覧表で各眼科を比べることができます。

関連記事

このページの先頭へ