眼鏡・コンタクトで視力矯正

眼鏡は、近視や乱視、遠視のもっとも一般的な視力矯正です。レーシックが普及するまでは眼鏡で視力矯正をしていました。眼鏡をかけると眼鏡のレンズが角膜のゆがみを補正して、ずれていたピントを網膜上に調節してくれることによって視力が正常になります。

近視

近視は中央が凹んだ凹レンズ、遠視は中央が膨らんだ凸レンズをつかいます。乱視の場合は角膜のカーブが縦軸と横軸とそれぞれブレているため、焦点がいくつも網膜にできてしまい、ものが二重、三重にみえてしまいます。単純な曲面の凹凸レンズの眼鏡では乱視をきちんと矯正することはできませんでした。

こちら

そのため視力がたとえ1.2であっても、乱視の人は常に見えにくさに悩んできました。レーシックは角膜を直接レーザーで削ることにより近視の視力回復ができます。初期の方法では角膜のカーブを単純に測定することしかできませんでしたが、最新の技術により、イントラレースなどを使うと、カーブがより細かく計測できます。

これによりレーシックによる強度の近視の視力回復、乱視の矯正ができるようになりました。


関連記事

このページの先頭へ