PRKによる視力回復とは?

レーシック以前に発明された視力矯正の手術がPRKです。

こちら

PRKによる視力矯正

一番の違いは角膜にフラップを作らないという点です。そのため、フラップのズレが生じることがなく、受けられないといわれた角膜の薄い人でも、PRKによる視力矯正手術を受けることができます。


メリット・デメリット

しかし、適応範囲がひろいPRKもメリット・デメリットがあり、レーシックに比べて手術を希望する人は少ない傾向にあります。

PRKのメリットはフラップの問題がないため、角膜の薄い人、眼圧が高い人、ぶつかりあうような激しい運動をする人にはおすすめです。そして角膜の近くの戻りが早く、術後のドライアイが軽い傾向があります。

しかし劣る点はレーシックに比べ、術後の痛みが強く長引き、視力回復までは一週間ほどかかり、その間仕事を休まないといけない点です。

こちら

社会人にはなかなか難しい条件のため、土日をはさんで、2~3日で終わるレーシックのほうが普及しました。また、PPKは、正しく行われれば安全性の高い治療方法ですが、角膜上皮が通常よりも厚く再生することも多く、矯正効果が安定しないデメリットもあります。PRKを希望する場合、熟練した医師を探すのがおすすめです。


再手術が無料で生涯保障のこちらの眼科もお勧めです。


比較一覧表で各眼科を比べることができます。

関連記事

このページの先頭へ