レーシックの種類比較(術式方法)

レーシック種類はたくさんあり、その術式方法により特徴や見え方が異なります。

目の状態により最適な術式があり、角膜の薄さ、強度近視の場合、乱視や不正乱視の方、激しい運動をされる方によって選ぶべきレーシックの種類があるんです。

こちら

レーシックの種類によって、ドライアイになる可能性が少ない施術や夜間でもクリアな視界が特徴の方法などあなたの生活の環境に合わせて比較しながら選んでみてはどうでしょうか?

レーシックの医院により施術できる種類も異なります、まず医療機器が違うのと技術の進化により今までできなった状態の目でも手術可能になったということです。最先端の機器を取り入れている医院を選ぶことが大事ですね。


レーシックの種類を比較してみましょう

イントラ LASIKとは

イントラレーシックはそのなかの一つです。普通の方法とどこが違うかというと、角膜につくるフラップの作り方の違いです。通常は医師が手作業で、医療用電気カンナのようなもので、フラップをつくります。しかし...

エピ LASIK

エピレーシックではエピケラトームという医療器具で角膜の上層部分だけで、極薄いフラップをつくり、レーザーで角膜を形成することです。このフラップは数日たつとはがれ落ち、新しい角膜上皮が再生していきます。通常の方法でつくられたフラップの傷跡は一生のこるため...

ウェーブフロント LASIK

ウェーブフロントレーシックと従来の方法との違いは、角膜をウェーブフロントアナライザーという精密機器をつかって、精度を上げた計測をするところです。現在の最先端の技術です。具体的には角膜に検査用のレーザーを照射...

ラゼック・LASIK

ラゼック(LASEK)というのは視力矯正手術のレーシックのひとつです。従来と同様、エキシマレーザーで角膜を削り、視力回復させます。従来の方法と違う点はフラップを作るときに、エピケラトームの変わりに、アルコールを使用...

白内障へのリスク

白内障は、加齢とともに水晶体が白く濁って視力を失う病気ですが、この治療法には投薬と水晶体をとりかえる外科手術があります。日本では年間20万人が受けています。この方法を受けるために必要なのが、眼内レンズを決定するためのデータで...

このページの先頭へ