エピレーシックとは?

エピレーシックは、通常の方法との違いは、エピケラトームという医療器具で角膜の上層部分だけで、極薄いフラップをつくり、レーザーで角膜を形成することです。

医院での細かな術式の違いや、使用する精密機器の性能の違いでいろいろな方法があります。

このフラップは数日たつとはがれ落ち、新しい角膜上皮が再生していきます。

こちら

激しい運動をする方におすすめ

通常の方法でつくられたフラップの傷跡は一生のこるため、格闘技やプロスポーツなど目に激しい衝撃をうける可能性のある人には、その衝撃で角膜のフラップがズレるリスクがあるために受けられなかったのですが、エピレーシックのおかげで、激しい運動をする人も受けられるようになりました。


術後の痛み

個人差がありますが、他の視力矯正手術であるPRKより効果があるといわれています。またアルコールを使わないのも安全性を高めています。角膜の濁りがおこりやすいというデメリットもあります。また、術後の痛みが続くので、少なくとも一週間は休みを取る必要があります。

関連記事

このページの先頭へ