イントラレーシックとは?

視力矯正手術をレーシックといいますが、最近では細かな術式の違いや、使用する精密機器の性能の違いでいろいろな名称があります。

イントラレーシック

イントラレーシックはそのなかの一つです。普通の方法とどこが違うかというと、角膜につくるフラップの作り方の違いです。

通常は医師が手作業で、医療用電気カンナのようなもので、フラップをつくります。しかしイントラレーシックでは、医院のコンピュータ制御されたレーザーで、安全で正確なフラップを作ります。

強度の近視もOK

この方法が導入されたことにより、いままで受けられなかった強度の近視や、角膜にトラブルがある人でも受けられるようになりました。

こちら

また従来の方法に比べ、ドライアイになる確率が減りますし、視力矯正度についても従来の方法より効果が大であることがわかっています。その上、いままで矯正できないといわれていた乱視の矯正も、できるようになりました。

関連記事

このページの先頭へ