ラゼック・レーシックとは?

ラゼックレーシックのラゼック(LASEK)というのは視力矯正手術のレーシックのひとつです。
従来と同様、エキシマレーザーで角膜を削り、視力回復させます。

こちら

従来の方法と違う点

ラゼックレーシックと従来の方法との違う点はフラップを作るときに、エピケラトームの変わりに、アルコールを使用し角膜をふやけさせ、角膜上皮部分のみの非常に薄いフラップを、作成することです。フラップを作ったらレーザーで角膜を削り、形成した後、治療用コンタクトレンズを装用します。

非常に薄いフラップを保護するため、術後3日間ほど治療用コンタクトレンズを装用する必要があります。治療用コンタクトレンズは手術代に含まれています。

こちら

ラゼックレーシックは角膜の状態により通常の方法が難しい方も適応となり、眼球に強い衝撃を受けやすい格闘技などの激しいスポーツをする人も適応ですが、最近ではアルコールを使わないエピレーシックのほうが主流です。

眼に傷のある人や、眼の小さな人などエピケラトームの使用が、適さない場合に対応できます。視力回復には個人差がありますが、3~7日ほどかかります。

関連記事

このページの先頭へ