ウェーブフロントレーシックとは?

ウェーブフロントレーシックと従来の方法との違いは、角膜をウェーブフロントアナライザーという精密機器をつかって、精度を上げた計測をするところです。

現在の最先端の技術ですが医院にとっては対応していない場合があります。

こちら

ウェーブフロントレーシックは角膜に検査用のレーザーを照射し、その反射から角膜の微妙な形状を読み取り、正確に測定します。多次元のデータが微妙な歪みを捕らえ、正確な角膜の状態を把握できます。


乱視(不正乱視)にも効果

ウェーブフロントレーシックは、従来の方法では治療できなかった乱視や、眼鏡やコンタクトレンズでも矯正できなかった不正乱視に対しても効果があり、レーシックの合併症である、夜間光がにじみ、視界が妨げられるなどのハロ・グレアの症状がでにくいというメリットがある反面、通常の方法より深く角膜を削る場合があります。

こちら

そのため、角膜の薄い人はうけられない点や、フラップの形状は手術前後で変化することがある為、視力回復の効果の違いがない場合もある点や、価格が高く設定されている点など選択をする際に、検討すべきことがあります。

関連記事

このページの先頭へ